本文へスキップ

食べるだけで愛猫の歯をきれいにするキャットフードが新発売!

ネコに喜ばれるキャットフードの選び方と与え方

ネコは、習性として、高タンパク・高脂質の肉食系の食べ物から栄養をとります。

ここが雑食系の人間やワンちゃんなどと違うところですから、ワンちゃんが美味しそうに食べているからネコにもあげよう、というようなことは絶対に禁物です。ネコの食べ物は、人間やイヌの食べ物とはしっかり区別する必要があります。

それでは、ネコが美味しく食べられて健康な生活を送るには、どのような食事を選べばよいのでしょうか?

<もくじ>

ネコに喜ばれるキャットフードの選び方

総合栄養食って?キャットフードにも色々な分類の仕方があります

ペットフードは、給与目的を機会で分けると主食と間食に分けられます。主食としてのペットフードは「総合栄養食」と言い、当該ペットフードと水を与えていれば必要とされる栄養素が摂取できるように作られています。「間食」は本来、栄養素補給としては必要ないのですが、ペットのしつけや運動、ご褒美として与えるなど限られた量を与えることが意図されているペットフードです。
目的別による分類は、「総合栄養食」「間食」「療法食」、そのいずれにも該当しない「その他の目的食」に分かれます。

市販又は通販などで販売されているキャットフードの中には、ペットが健康に生きるために必要な栄養素がすべて配合された「総合栄養食」、ご褒美やおやつとして売られている「間食」、病気の治療を目的とした「療法食」、「その他の目的食(一般食、サプリメントなど)」の4種類があるのをご存知ですか?

食いつきが良かったり、よろこんで食べてくれるために、嗜好性の高い一般食やおやつをメインに与え続けてしまうケースが多く見られます。

…しかし、一般食・おやつを中心にペットに与え続けるという行為は、人間に例えるなら育ち盛りの子供におかずやジャンクフードだけを食べさせているようなもの。一般食だけではカロリーも栄養も足りません。

一般食・おやつの目安は全体の20%まで

当たり前の話ですが、猫は基本的に飼い主から与えられたものだけで生きるしかありません。食は生き物においてすべての基本となるもの。つまり、あなたの選択でペットの健康が決まるといっても過言ではありません。一般食は全体の20%を超えないように気を付けましょう。

また、ペットフードの区分としては次のようなものがあります。

出典:一般社団法人ペットフード協会 公式サイト

https://petfood.or.jp/knowledge/kind/index.html

区分 定義 分類
ドライ 製品水分10%程度以下のフード。加熱発泡処理された固形状のものがほとんどです。水分含有量が13%以上では、カビが生えたりするので12%以下に保つ必要があり、安全性に配慮して多くは水分含有量10%以下となっています。 ドライ
ソフトドライ 製品水分25~35%程度のフードで、加熱発泡処理されています。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。 ソフトドライ
セミモイスト 製品水分25~35%のフードで、押し出し機などで製造され、発泡していないものです。しっとりさを保つために湿潤調整剤を使用します。 セミモイスト
ウェット缶詰 水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、缶詰に充填されたフード。 ウェット
ウェットその他 水分75%程度で、品質保持のために殺菌工程を経て、アルミトレーやレトルトパウチに充填されたフード。

1-3総合栄養食ならどれでもいい???

プレミアムキャットフード

キャットフードの基本は”ドライ系の総合栄養食”であることはお分かりいただけたかと思います。しかし総合栄養食の中にも、安価なものから高価なものまで多様な商品が販売されていて、選択に迷うところです。では、高いフードと安いフードの違いは一体どこにあるのでしょうか?

多くの場合、価格が品質に比例する傾向にあります。原材料や製造・研究開発のコストを抑え価格を優先させたものと、メーカーがより高い基準を設定し研究開発を行い原材料にこだわるなど、品質を優先させたものとの違いが価格に表れているためです。

高品質な総合栄養食はいわゆる「プレミアムキャットフード」と呼ばれ現在のキャットフードの主流となっています。

フードによって毛艶や健康状態に変化が表れるケースも。

プレミアムキャットフード

高品質のプレミアムキャットフードは栄養学や獣医学などの資格を持った研究者たちによる専門機関で開発されており、年齢や健康状態に応じた様々な種類のキャットフードが用意されています。ペットの年齢や健康状態にあわせて適切なものを選ぶことで健康を維持し、結果的に健康寿命を伸ばすことに繋がるのです。

プレミアムキャットフードは高額ではありますが、その中でも様々な価格帯を用意しているメーカーもあるので、家計と相談しながらできるだけ良質なフードをセレクトしていただければと思います。

※着色料・保存料・香料などの添加物について

無添加のキャットフードは多くの飼い主にとって安心材料となるかもしれません。しかし、保存料のおかげで品質劣化が防げるなど化学的なメリットもあり、過度に心配する事が適切なフード選びの妨げになる場合もあります。格安フードなどは心配になるかもしれませんが、しっかりとした科学的根拠に基づいて研究開発されているフードであれば猫の健康を害するような内容/量の添加物は含まれておらず、多くの場合問題になりません。

<<科学的根拠に基づいて研究開発>>

※トウモロコシなどの穀類について

トウモロコシなどの穀類は、アレルギーの原因(アレルゲン)となったり消化不良を起こすことから、キャットフードの質量を増やすための「かさ増し」の為だけの悪質な原材料と指摘されることがあるようです。しかし、消化不良を起こすのは加工が不十分であったり、大量摂取した場合です。むしろ、穀物に含まれる抗酸化物質、エネルギー源となる炭水化物、消化を助ける食物繊維を含むといったメリットもあります。添加物と同様、過度に心配せずバランスを重視した選択をおすすめします。

<<トウモロコシなどの穀類について>>

健康な成猫の一日に与える食事量例

猫の体重 1日に必要な摂取カロリー
1kg 52~75kcal
2kg 83~119kcal
3kg 109~157kcal
4kg 132~190kcal
5kg 153~220kcal
6kg 173~249kcal
7kg 192~276kcal
8kg 209~302kcal
9kg 227~327kcal
10kg 243~350kcal

1-4やってはいけない行為いろいろ

飼い主の手作りフードは原則ダメ!!

猫への愛情のしるしとして生の肉や魚をそのまま使った手作りのごはんをあげる方もいらっしゃいますが、猫が必要とする栄養バランスを素人が実現することは容易ではありません。例えば猫は自身で生成できないタウリンという成分を必要とするため、市販のキャットフードには必要なだけのタウリンが配合されています。また、生の食品には病原体が含まれる可能性もあるので、市販のキャットフードは対策がとられています。猫の栄養に関する専門知識を有していない限り、手作りフードを与えるのはやめましょう。

本当に愛猫を大切に想うならプレミアムキャットフードを与えることが自然な選択といえるでしょう。

栄養素はバランスが大事!

樽の理論 大切なのはバランス

総合栄養食は、それと水だけで必要な栄養素をバランスよくまかなうことが出来る食事です。そのため、獣医師による指導がある場合を除いて、栄養バランスのとれた総合栄養食を与えていればサプリメントの必要はありません。過剰な栄養補給は体に悪影響となるケースもあります。中でも、人間用のサプリメントは動物にとって過剰なことが多いので、与えないようにしましょう。

反対に、栄養の不足も体に良くありません。特に、アミノ酸は全てがバランスよく摂取できていないと、個々のアミノ酸を効率よく利用できません。これは『樽の理論』と呼ばれます。樽の板は全ての板の高さのバランスが取れていることで、水を中に溜めることができます。ですが、この板の一部が低いと、そこから水がこぼれてしまい、水を最大限溜めておくことができません。

この板と同じようなことがアミノ酸でも言えます。それぞれの板をアミノ酸、水をアミノ酸の利用率と想像してください。一部のアミノ酸が少ないと、アミノ酸の利用率はその少ないところまでとなります。つまり、アミノ酸はバランスが悪いと最大限活用が出来なくなります。

このように、栄養はただ取ればいいのではなく、バランスが重要です。

猫に魚を上げるのは日本だけ!?

ネコ≠魚

ライオンやヒョウなどの猫科の動物の多くは自ら捕まえた獲物を食べる”肉食動物”です。そのため海外では「猫のごはん=肉」が常識。ではなぜ日本だけが「猫のごはん=魚」が常識になったのでしょう…?それは、日本が海産物が豊富で昔から肉よりも魚が食卓に並べられてきたことが影響しているからだとか…。しかし本来肉食であるはずの猫にとって、魚を食べ続けることは、はたしていいことなのでしょうか?

もちろん魚が絶対にダメというわけではありませんが、キャットフードを選ぶ際のポイントとして、猫=魚という固定概念を払拭してみると良いでしょう。

1-6最適なキャットフードを選ぶ際のポイント

キャットフードの基本はドライ系の総合栄養食であること

ペットの健康を願うならやはりプレミアムキャットフードが安心

手作りフードは原則ダメ!

高品質な総合栄養食だけでサプリメントはいらない!

猫=魚という固定概念を捨てる!

ライフステージに合わせた適切なキャットフード選びのポイント

子猫なら初乳成分(コロストラム)が配合されたもの
成猫なら抗酸化物質・アルギニン・オメガ脂肪酸などが配合されたもの
老猫なら成猫用+ビタミンや腸の働きを助ける成分が配合されたもの

一部例外を除く
※インターネットでペットフードを探すときの注意点
ネットで検索をすると口コミやランキングなど様々なキャットフード情報をまとめたWebサイトがヒットしますが、情報サイトのように見えてもショップにお客様を紹介(商品ページへのリンクをクリックさせ、購入させる)する事で手数料を得る「アフィリエイト」や「ドロップシッピング」を目的としたサイトが多く、利益率の高い商品を上位にランキングするなどの作為的な商法が見受けられますので、ご注意いただければと思います。

科学的根拠に基づいて研究開発

是非ともご自身でで情報を集めながらネコちゃんに合うキャットフードを探してあげて下さい。
もし、インターネット上で多くの飼い主さんに評価されているキャットフードを探すのであれば、Amazonや楽天などの大手通販サイトでの売り上げランキングを参考にしましょう。これらは実際に多くの方から購入されているという点で、一定の信頼ができるキャットフードの一つといえるでしょう。

キャットフードの選び方に続き、とっても重要な「キャットフードの与え方」について解説いたします。

↑ページの先頭へ戻る

2. 効果的なキャットフードの与え方

2-1食べ物に対してわがままな猫にしないために!

ここからは「ペットの食育」をテーマに話を進めていきましょう。なんといっても気分屋の猫ですから、ときどき飼い主でも驚くような嗜好性を示すこともあるでしょう。しかし、猫本来の習性を理解した適切な与え方をすれば、気分屋の猫でもより安心して食事ができるようになるでしょう。
食べ物に対して猫がわがままになる原因は、飼い主が毎日の習慣を崩したり、猫がちょっとご飯を食べないとパニックになって人間の食べ物を与えてしまうなど、飼い主の行動にあることが多いのです。猫は飼い主を操って、健康的でバランスのとれた食事より、人間のおいしい食べ物を獲得する方法をすぐに学習します。
まずは猫の食事の時間をより楽しく効果的なものにするポイントから紹介していきます。

食事の回数

元来、猫は自分で餌を獲って、少量ずつ複数回に分けて食べる習性の動物ですが、家族として人間と共に生活していれば、こうはいきません。
成猫の食事は、朝・晩の2回に分けて与えるとよいでしょう。1日1食の場合には空腹で過ごす時間が長くなるため、食事の際に急いで食べて、食後に吐いたりすることがあります。また、2回に分けた場合も食事と食事の間隔が長いと、体が脂肪をためこみやすくなり肥満の原因になることもありますので注意しましょう。
自分のペースで食事をするネコの場合は、自由給与(容器に一定量のフードを入れておき、自由な時間に食べられるようにしておく方法)にしてもよいでしょう。自由給与には、傷みにくいドライフードが適しています。
なお、子猫は、消化機能も未熟なために1度に食べられる量が少ないので、1日の食事回数を増やして与えるようにします。成長とともに必要なエネルギーが増えるので、ネコの様子を見ながら量と回数を調節していきましょう。

2-2猫の習性を理解した効果的な与え方

適切な場所に置く

野生の猫は、ライバルや捕食者を見つけやすいよう、視界が開けた場所を好みます。家庭では、あなたが猫のお皿をどこに置くかによって、猫が安心して食事をできるかどうかに大きく影響するのです。静かな場所でトイレから十分な距離のある場所に置きましょう。

最適なお皿はボウルかプレートか?

猫のひげは、猫自身が自分の周囲を探索したり、狭い隙間を通れるかどうかを測ったり、気分を教えてくれたりします。ひげが邪魔にならないような形状のお皿を用意してあげましょう。
【コツその1】
ひげが邪魔にならず食べられる浅めのボウルを用意しましょう。
【コツその2】
1日分のフードが入れられる大きめのお皿で、フードがこぼれない程度のフチの高さがあるものを選べば、猫は食事中も周りを見ることができます。
【コツその3】
食後に散らばった食べこぼしをいつも掃除させられているという方は、粒やウェットフードが多少飛び散っても受けとめられる幅広プレートを使ってみるのもよいでしょう。

おきっぱなしでも大丈夫?

キャットフードを出しっぱなしにしておくことを「置き餌」といいますが、この方法はおすすめできません。衛生的にもよくありませんし風味も落ちてしまいます。何より食べる量を飼い主が管理できません。仕事で家を空ける機会が多い方は、自動給餌器などを活用しましょう。

おやつの与え方のポイント

猫をしつけたり、猫との絆を深めたい時のごほうび用として様々な種類のおやつが売られています。ただし、おやつからのカロリー摂取量が、1日に必要なカロリーの20%を超えないようにしましょう。猫におやつを与えたら、それに応じて食事を減らしてください。


【関連記事ランキング】


■カナガンキャットフード|愛猫の健康を第一に考えたキャットフードです