本文へスキップ

【いぬ】愛犬を飼う準備として、知っておきたいことは?

愛犬を飼う準備として、知っておきたいことは?

犬を飼いたいと思っても、畜犬登録や狂犬病予防接種など、色々と法的な約束事もあって、はじめは何が必要なのかよくわからないかもしれません。

また、犬を飼うためには、犬を買い取る費用のほかに、グッズや予防接種など様々な費用がかかってきます。このページでは、犬を飼う前にそろえておきたいグッズや費用、さらにその他の知っておきたいことなどについてご説明します。

犬を飼う準備

犬を飼うときに必ずかかる費用

畜犬登録料 : 3,000円(料金は地域によって違います)
狂犬病予防接種 : 3,000円(料金は病院や地域によって違います)

犬を飼う際に、グッズ以外に必要となる費用として「畜犬登録料」があります。

畜犬登録は、法令によって、生後90日以上の犬の飼い主さんに義務付けられています。

ただし、その前提として、まず狂犬病の予防接種を受け、「注射済み証明書」をもらい、その後30日以内に役所か保健所に行き登録をする必要があります。

※狂犬病とは、狂犬病ウイルスの感染によってひき起こされる致命率100%の感染症で、全ての哺乳動物に感染する病気です。

※法律によって、年1回の狂犬用予防注射(狂犬病ワクチン接種)が全て(生後91日齢以上)の犬に義務付られています。

※厚生省のホームページにも次のような記事が掲載されています。

<犬の登録と狂犬病予防注射は飼い主の義務>

犬の飼い主には、
(1) 現在居住している市区町村に飼い犬の登録をすること
(2) 飼い犬に年1回の狂犬病予防注射を受けさせること
(3) 犬の鑑札注射済票を飼い犬に装着すること
が法律により義務付けられています。

詳細は>>厚生省のホームページ「犬の鑑札、注射済票について」

混合ワクチン接種費用 : 16,000円~(2回分)

狂犬病予防注射(狂犬病ワクチン接種)以外に、混合ワクチンを受けておくとよいでしょう。混合ワクチンは、法令で義務付けられているわけではありませんが、複数の病気を防ぐことのできるワクチンとして知られています。

もしも、愛犬が深刻な病気になれば、飼い主さんにも莫大な医療費の負担がかかることもあります。混合ワクチンは、犬を飼うときの飼い主さんのマナーとして必ず受けるようにしましょう。

犬を飼うのに必要なドッグフードやグッズ。費用は?

愛犬のグッズ

まず、犬を飼う際に必要なグッズや費用

犬を飼う際には、下記のドッグフードやグッズなどが必要になります。なお、メーカーや機能によって、安価なものから高価なものまでピンキリですが、下記は一般的なグッズの費用です。

ドッグフード(1ヵ月分) : 3,500円~5,000円

ドッグフードは犬にとって最も必需品、命にかかわるものですから、予め用意しておきたいものの1番になります。

ドッグフードの種類や料金は、犬の大きさや食べる量などにも大きく左右されますので、一概に言えませんが、下記に大型犬の場合と小型犬の場合に分けて記載してありますのでご参考にしてください。

  • 小型犬の場合、1ヵ月で2,500~3,500円程度、
  • 大型犬の場合、1ヵ月で3,500~5,000円程度が目安となります。

なお、ドッグフードは、まとめ買いがお得になりますので、1ヵ月分まとめて購入しておくと割安になります。

トイレ : 2,000円~

愛犬を室内で飼うときにトイレは絶対に必要になります。また、トイレのトレーニングは、愛犬が安心して用を足せる場所を最初から定めておき、そこで用を足すようにしつけることが大事です。

また、室内で飼っている愛犬のトイレには、トイレトレーを使用するか、吸水性に優れたトイレシートを使用することもできます。トイレトレーは、下記のように通販などでも数多く販売されています。価格はやはり犬の大きさによってかなり左右されるものとなりますが、一般的には、1000円代~5000円代までの料金で購入できます。

なお、一般的なペットシーツは裏面がビニールのため、裏漏れがあるとびちゃびちゃになって掃除が大変ですが、非常に吸水性にすぐれた両面吸水型のトイレシートもあります。ご参考までに >> 両面吸収ペットシーツ

犬用のトイレトレ-

ケージ : 4,000円~

愛犬の種類や大きさによっては、ケージは必要ないかもしれません。

しかし、専用のケージがあると、自分の居場所が決まっていることで安心するだけでなく、犬が留守番をするときにも活躍します。

なお、ケージは少し余裕をもって動き回れる大きめのものを選ぶのがおすすめです。

首輪やリード : 1,000円~

愛犬の散歩させたり外出時に必要になるのが首輪やリードですね。

また、犬の首輪は、鑑札や注射済票を取り付けたりすることにも使用しますので、やはりしっかりしたものを購入す必要があります。

リードは、愛犬が迷子にならないようにするために非常に重要なグッズとなります。

首輪やリードは、犬の大きさに応じてサイズがあるので、愛犬の成長に応じて買い換えるようにしましょう。

なお、愛犬が迷子になったときのために連絡先を記したタグを首輪に付けておくと安心です。

キャリー : 3,000円~

キャリーは、動物病院へ出かける時や、特に交通機関を利用する際には必須のアイテムとなります。下面にキャリー用のタイヤがついているものを使用すると、持ち運ぶ際や移動の際に便利となります。

愛犬を飼う際には、こんな準備も考えておきましょう

その他にも、愛犬の繁殖や健康診断など、犬の身体に関することで将来のために考えておくべきことがあります。それは愛犬の去勢手術や避妊手術に関することです。

上記のような避妊や去勢は義務ではありませんが、無計画に繁殖が行われてしまうと、飼い主にとっても思わぬ負担になってしまいます。

去勢手術の費用 : 約2万円
避妊手術の費用 : 約3万円

なお、現在、日本で飼われている犬の約半数が避妊、去勢手術をしています。そのための費用は、動物病院によって異なるものですが、大体上記の費用で行えるようです。

また、愛犬も、病気を早期に発見できるように、少なくとも年に一度は健康診断を受けるようにしましょう。

健康診断費用 … 4,000円~5,000円程度

健康診断の検査項目を増やすと、数万円かかることもありますが、基本的なものだけなら上記の費用で行えます。


【関連記事】

人気のペットフード、おすすめは?
人気のペットフードのご紹介をしています。


ネコの脱走防止柵として、「にゃんがーど」が役に立ちます!
廊下


食べるだけで愛犬の歯をきれいにするドッグフードが販売中です 両面吸収ペットシーツ「デオ・ダブル」で愛犬のトイレの悩みを解消! お家で「わんちゃんを預かる人(ドッグホスト)」を募集中!